第20回 山口県民みんなの囲碁大会

【日程】平成30年(2018年)5月20日(日)
【会場】海峡メッセ下関 1階展示場

【主催】日本棋院山口県支部連合会
【共催】日本棋院下関支部
【後援】山口県、下関市、下関市教育委員会
【参加者】囲碁大会 203名 (園児・小・中・高校・大学生23名、女性32名)
     ふれあい囲碁 47名  合計250名
     囲碁大会の名人戦21名のうち小学生が2名、高校生は1名


【大会結果】

(優勝者)
 名人戦 佐々木柊真(福岡県中間市)
 六 段 中尾信博(福岡県築上町)
 五 段 井上秀一(福岡市)
 四 段 池辺正雄(下関市)
 三 段 木村昇治(山口市)、縄田一典(山陽小野田市)
 二 段 宮川順一(下関市)、笹尾和郎(下関市)
 初 段 松村和明(下関市)、寺田黎(田布施町)
 1 級 平野雄敏(下関市)
 2 級 伊達 徹(長門市)
 4 級 奥原弘士(下関市)


【普及功労賞】
たちばな会・元会長 崎山とし子氏



今年から、「ふれあい囲碁大会」を同時開催し、多くの子供や父兄等に参加していただき、総参加者は250名となりました。 今回の大会は例年参加のある福岡県、広島県の他に佐賀県からも参加がありました。
名人戦優勝者は、福岡県の高校生でした。


お問い合わせ先 kiin_shimonoseki@yahoo.co.jp
お問い合わせはこちら